Bizer teamは業務プロセスにイノベーションを起こすためのタスク管理ツールです。
業務改善を行っていくステップをご紹介します。
 

STEP.1 業務を洗い出して見える化する

まずはその業務でやるべきことを洗い出します。例えばセミナー開催のタスクであれば、開催場所の決定、内容決め、集客などのやるべき項目をチェックリストに登録します。
 

STEP.2 手を動かせるレベルにタスクを分解する

やるべきことを洗い出したら、次はそれを実際に手を動かせるレベルまで分解します。
チェックリストは階層構造になっているため、各項目ごとに作業を追加していくことがでいます。
 

STEP.3 誰が何をいつまでに?をチームで共有する

チームのタスクをBizer teamで管理することで、誰がどんな業務を担当していて、それはどこまで進捗しているかが一目瞭然です。
完了期限の切れた業務もわかりやすく、問題があればすばやく手を打つことができます。
 

STEP4. 振返りをして業務改善を習慣化する

業務が可視化し、チームで共有されるようになったら、定期的に内容を振り返って業務改善につなげます。
チェックリストはあとから順番を入れ変えたり、削除したりと編集が簡単にできます。
 

STEP5. ルーチン業務を効率化する

週次や月次などに行うルーチン業務については、以前作ったタスクをコピーしたり、テンプレートとして登録することでより効率的にタスク管理が行なえます。
なるべく多くの業務を定型化することが業務プロセスイノベーションのコツです。

回答が見つかりましたか?